基礎代謝が上がる!ダンベルでの筋トレはダイエットに効果的!

「筋トレ=ムキムキのマッチョになる」などと思っている方もおり、ダイエットしている方の中にはダンベルでの筋トレを避けたり、あまりしなかったりする方もいます。

しかし、ダイエットを成功させるのに重要になってくるのは筋肉です。

ダイエットをしている方の中には、なぜ、痩せるために筋肉が重要なのか分からない方もいるかと思います。

ここでは、ダンベルでの筋トレとダイエットについて説明していくので、痩せるための筋肉の重要性が分からない方は、ぜひご覧ください。

ダイエットは健康的に痩せた方が効果的

ダイエットをして成功させるには、摂取カロリーを管理することが大切です。

そのため、食事制限をしてダイエットをする方がいますが、過度な食事制限は体調を悪くする原因になり、健康を害してしまいます。

過度な食事制限は、確かに体重を減らすことはできますが、不健康になったら意味がありません。

食事制限するだけのダイエットでは筋肉はつかず、逆に筋肉量は減ってしまうため、基礎代謝は低下し太りやすい体質になってしまいます。

ですから、食事制限ダイエットはリバウンドしやすいダイエットといえます。

ダイエットには摂取カロリーを管理することは大切ですが、摂取カロリーを過度に制限することは良くなく、必要量カロリーを摂取し、栄養バランスの良い食事を心掛け、運動によってカロリーを消費し、基礎代謝を上げることが健康的に痩せることに繋がります。

そして、基礎代謝を上げるのに効果的な運動が、ダンベルによる筋肉トレーニングです。

ダイエットをする上で筋トレは効果的

ダイエットをする上で必要なことの一つは、ダイエットの正しい知識を身につけることです。

正しい知識を身につけることで、間違った考えを排除することができます。

その間違った考えの例を挙げると、「筋肉がついたら脚や腕などが太る」、「筋肉をつけると体重が増えて太る」、「筋トレは全てキツイ」などです。

そのような間違った考えを正しいと思い込んでいる方もいますが、健康的に痩せて美しい体型になるには、筋肉をつけることは必要です。

筋肉がつくことにより、基礎代謝量を上げることができます。

基礎代謝量が上がればカロリーが消費されやすくなるため、脂肪は燃焼されやすくなり、引き締まった体型になりやすくなります。

基礎代謝が上がるということは、新陳代謝が良くなるということでもあるため、冷え性やむくみの改善にも繋がります。

それらが改善することは、女性にとっては嬉しいことですね。

回数やダンベルの重さは目的に合うように決めましょう

健康的に痩せるにはダンベルを使っての筋トレがおすすめですが、適当にやれば良いという訳ではありません。

筋トレの回数やダンベルの重さなどを考え行うことが大切です。

ダイエットをしながら筋力を強くしたいという場合、いつまでも同じ重量のダンベルを使用していては、筋力を上げていくことはできません。

慣れている重さのダンベルで回数を多くこなせば、筋持久力はついていきますが、筋肉の力を強くすることは難しくなります。

そのため、ダイエットの目的に応じて扱うダンベルの重量や回数を決めることが大切です。

ダイエットしながら、筋力を増強していきたい場合は、身体が慣れるに従って徐々にダンベルの重量を増やすようにしましょう。

なるべく筋肉を太くしたくないという方は、軽めの重量で回数を多くこなすようにすると良いです。

ダイエットのために鍛えたい部分

ダンベルを使って効率的にダイエットするには、負荷をかける部分も大切です。

筋トレで、お腹や脚、胸やお尻などの部分に負荷をかけ、鍛えることで筋肉量を効率的に増やすことができ、エネルギーの消費量が増えやすくなります。

エネルギーの消費量が増えることで、高いダイエット効果を望むことができます。

また、先程言った部位を鍛えることで、バランスの良いスリムな体を手に入れたり維持したりすることができるため、痩せる効果だけでなく見た目にも良くなります。

せっかく痩せても、バランスの悪い体型だと格好悪いです。

ですから、筋トレでダイエットする際は、バランス良く痩せて引き締めることが大切です。

お腹や脚、胸やお尻などは、ダンベルを使用した筋トレで鍛えることができるため、ダンベルを上手く利用してそれらの部分を鍛えましょう。

ジョギングは地味にキツイ

有酸素運動であるジョギングはダイエットには効果的です。

有酸素運動は糖質や脂肪をエネルギー源として使用するため、脂肪燃焼効果を期待することができます。

そのため、ダイエットでジョギングをしている方は多くいますが、ジョギングは地味に辛いものです。

脂肪を効率的に燃焼するには20分以上走り続ける必要があり、ダイエット効果を高めるには30分、40分以上走り続ける必要があります。

また、外でジョギングをすると、周りの目が気になったり、外に出るのが面倒だったりすることもあるでしょう。

それらのことから、ジョギングは地味にキツク、外で走るのが嫌になる場合もあります。

筋トレはジョギングよりも続けやすい

室内でできるダンベルを使っての筋トレは、ジョギングよりも短い時間のトレーニングで済みます。

また、室内で行うため周りの目を気にする必要はなく、外に出る必要もありません(ジムで行う場合は、ジムに行くために外に出る必要はあります)。

そして、週に2、3回だけでも効果はでるため、ダンベルでの筋トレはジョギングよりも続けやすいと言えます。

脂肪燃焼にはジョギングが効果的ですが、基礎代謝を上げるという意味では筋トレの方が効果的です。

ダイエットで毎日筋トレする必要はない

筋肉トレーニングを毎日行っている方もいますが、毎日同じ部位を筋トレするのは効果的ではありません。

筋トレを行うと、筋トレによって負荷をかけた部分の筋肉は破壊されます。

その破壊された筋肉は、一般的に48~72時間かけて修復されるといわれており、修復することで筋力を高めることができます。

毎日同じ部位の筋トレを行い、毎日同じ部位に負荷をかけると、その部位の筋肉は回復する時間がなく修復することができません。

つまり、その部位の筋肉をただ痛めつけるだけになってしまうのです。

そのようなことをしていたら、いつまで経っても筋肉を強くすることはできず、逆に筋力が低下してしまう原因になってしまいます。

そのため、毎日ジムなどで筋トレをしている多くの方は、毎日違う部位の筋トレをしており、筋肉の修復する時間を考慮して筋トレを行っています。

ダイエット初心者や筋トレ初心者は、無理して毎日筋トレする必要はなく、週に2、3回でも効果を得ることができます。

筋肉が回復する時間を考慮して、効率的に筋トレを行うことによって、週2、3回でも問題ないのです。

ダイエットはモチベーションを維持することが大切

ダイエット初心者が筋トレを毎日行うことは大変で、その大変さが理由で続かない場合もあります。

しかし、週2、3回程度なら初心者でも続けやすく、モチベーションが極端に低下することはないでしょう。

筋トレを続けるにしても、他のトレーニングを続けるにしても、モチベーションを維持することは大切です。

モチベーションが低下してしまうと続けることは困難になるため、無理して毎日筋トレを行い、モチベーションを低下させることはありません。

週2、3回でも続けることによって筋肉はついていき、身体は引き締まっていき、スリムで美しい体型になることが可能です。

そのため、なるべくモチベーションが低下しないように筋トレを続けていきましょう。

まとめ

健康的に効果的にダイエットするには、筋肉をつけることは大切です。

ダンベルを使っての筋トレは、ダイエットに重要な基礎代謝を効率的に上げることが可能です。

そのため、痩せたい方にはダンベルでの筋トレをおすすめします。

ダンベルで無理なく筋トレを行い基礎代謝を上げて、太りにくく痩せやすい体質を手に入れましょう。