加圧シャツの効果が弱く感じてしまうのはなぜ?よくある4つの原因

(InField) 加圧インナー 補正下着 姿勢矯正 ダイエット 着圧 コンプレッションウェア シャツ ホワイト L

加圧シャツは、着用することで体を圧迫し、姿勢の矯正や代謝アップなどの効果を与えてくれる便利なアイテムです。

ただし、使い方によっては、あまり効果を実感できないこともあります。

そんなときは、「意外に使えないものなんだな」と判断してしまうこともありますが、諦める前に、なぜうまくいかないのか考えてみましょう。

原因がわかれば、効果を上げるための対策ができるようになります。

着用している時間が短い

加圧シャツの効果をしっかり得るためには、なるべく長く継続することが大切です。

即効性があるものではないため、ちょっとやそっとの使用で効果が出るわけではありません。

ある程度長めに使い続けていれば、だんだん効果が出てきます。

そのため、少し着ただけで「効果なし」と判断してしまうのは早計です。

加圧シャツの正しい効果を得るためには、できるだけ長く着続けるようにしましょう。

ただし、長く着用するには、注意すべきポイントがあることも忘れてはいけません。

なんとなく着ているだけでは、思うように継続できないことがあるのです。

自分に合ったサイズを

加圧シャツを選ぶときは、あまり小さいサイズのものは避けるべきです。

体を圧迫することによる効果を確実に得るためには、締めつけの強さばかりを重視してしまうこともありますが、きつすぎる加圧シャツは、継続を妨げる可能性があります。

あまりにギリギリと締めつけるようなものは、苦しさや動きにくさを感じることが多く、とても長く着用する気にはなれないのです。

締めつけすぎて肌が無駄に擦れ、体がかゆくなってしまうことも、継続を妨げてしまいます。

また、小さすぎるものを強引に使い続けていると、劣化が早まることも問題です。

常に限界まで引き伸ばされた状態が続くため、それほど長く使っていなくても、簡単に破れてしまいます。

このように、小さすぎるものにはデメリットが多くあるので、安易な考えで手を出すのは禁物です。

加圧シャツの正しい効果を得るためには、あくまでも適度に圧迫することが大切なので、くれぐれも無理をしないように気をつけてください。

最初は慣れないもの

加圧シャツの着用を継続してよい効果を得るためには、自分の体に合うちょうどよいサイズを選ぶことが大切ですが、適切なものを使っていたとしても、最初からまったく問題がないわけではありません。

使い始めたばかりのころは、普段使っている通常の衣服と違いすぎて、なかなか慣れないことも多いのです。

普通の衣服は、体を圧迫するようなことがないため、たとえ適度な圧迫だったとしても、初めて加圧シャツを着るときは違和感があります。

その違和感が強いストレスになり、継続を諦めてしまうというケースは、それほど珍しいものではありません。

失敗を防ぐためには、「少しずつ体を慣らす」という意識をもって取り組むようにしましょう。

慣れないうちから1日中着用し続けるのは、かなり無理のある使い方になります。

それでは、圧迫による違和感に耐えられず、投げ出してしまう可能性が高いのです。

初めて加圧シャツを使うのであれば、まずは短い時間から始めてください。

短時間であれば、それほど強いストレスにはならないので、使い続ける意欲を削ぐようなことはありません。

それを何回か繰り返していれば、だんだん体が慣れてくるので、1週間後くらいには、長く着用できるようになります。

継続して効果を高めるためには、無理をせず、コツコツと続けていくようにしましょう。

金剛筋シャツに注意

加圧シャツの中には、圧迫の力を強めた金剛筋シャツというものがあります。

体を締めつけるという加圧シャツの機能は、伸縮性の高いスパンデックス繊維によるものですが、金剛筋シャツの場合、スパンデックス繊維が通常よりも多めに使われています。

それにより締めつける力が強くなっているので、初めて着るときは要注意です。

金剛筋シャツは、高い効果を得るためには最適なものですが、いきなり着用時間を長くしたりすると、辛すぎて挫折してしまいます。

正しい効果を得るためには、通常の加圧シャツよりも慎重に体を慣らすようにしましょう。

正しく着用できていない

加圧シャツの効果を確実に得るためには、適切なサイズを選んだ上で、なおかつ正しい使い方をすることが大切です。

おかしな着方をしていると、うまく体を圧迫することができないため、効果を弱めてしまう可能性があります。

そこで注意したいのが、裾を出して着ることです。

加圧シャツの裾がズボンから出ている場合、まくれ上がったりずれたりすることが多く、体にフィットしなくなります。

これは、伸縮性のある加圧シャツが、元の形に戻ろうとするために起こるものです。

いったん下まで引っ張ったとしても、その戻ろうとする動きで、裾が短くなってしまいます。

締めつけによる効果を得るためには、ぴったり体に密着している必要があるので、それはよくない状態です。

しっかりと体を圧迫するなら、伸ばした加圧シャツをそのまま固定するようにしましょう。

ズボンにイン

加圧シャツを固定しておくには、いわゆる「ズボンにインする」という状態がおすすめです。

外に出すのではなく、ズボンの中にしまいこんでおけば、加圧シャツが戻ろうとする動きを抑え、フィット感を高めることができるのです。

それなら、体の絞めつけが正常に行われるため、効果を弱める心配はありません。

オシャレの面では避けたい方法だとしても、加圧シャツの効果を引き出すためには重要なポイントになるので、忘れずにチェックしておきましょう。

運動をしていない

これは、加圧シャツを使ってダイエットをしたいときにありがちな失敗です。

加圧シャツは、腹横筋を刺激することで基礎代謝を上げ、脂肪が燃焼しやすい状態にしてくれます。

この効果がダイエットに利用できるため、痩せたい人からも重宝されているわけですが、やり方を間違えていると、思うように効果を得られず、がっかりしてしまうことがあります。

その原因となっているのが、「まったく運動をせずに加圧シャツだけを頼る」というものです。

確かに、加圧シャツで基礎代謝を上げておくと、通常よりも脂肪は燃焼しやすくなります。

しかし、ほとんど体を動かさない状態では、その効果もあまり期待できません。

せっかく脂肪を燃やしやすい状態になっているなら、なるべく体を動かすようにして、どんどん減らしていくべきです。

それなら、効果を弱く感じるようなことはなくなります。

軽い運動でも構わないので、体を動かす機会をつくり、加圧シャツの効果を上げるようにしましょう。

洗い方が悪い

加圧シャツの効果がなかなか得られないときは、着用方法ばかり気にしてしまうこともありますが、洗い方でも注意すべきことはあります。

洗濯のときに劣化させてしまうと、体をうまく締めつけることができず、加圧シャツの効果を弱めてしまうのです。

そのためには、他の衣類と一緒に洗濯機に入れたりせず、分けて手洗いにしてください。

普通に洗濯機で洗うと、他の衣類と擦れることで劣化が進みます。

しかし、単体で優しく揉み洗いをすると、あまりダメージを与えずに汚れを落とすことができるのです。

代謝が上がると発汗も多くなるため、加圧シャツを使うなら洗濯は欠かせませんが、効果を弱めないためには、常に負担をかけない洗い方をしていきましょう。

まとめ

加圧シャツは便利なアイテムですが、ここで紹介した効果を弱める原因は、しっかりチェックしておいてください。

少し着ただけですぐにやめてしまったり、正しく着用できていなかったりすると、思ったほどよい効果を得られず、買ったことを後悔してしまう可能性があります。

効果を妨げる原因を避けて、失敗を防ぐようにしましょう。