ダンベルを使った筋トレやダイエットにはバナナがおすすめ!その理由とは?

ダンベルを使ったトレーニングでは、栄養をちゃんと摂ることも大切です。

筋トレの栄養摂取としてプロテインがおすすめですが、バナナもおすすめです。

筋トレやダイエットにはバナナが最適で、バナナを食べることによって筋トレやダイエットを手助けしてもらえます。

ここでは、ダンベルを使った筋トレやダイエットにはバナナがおすすめの理由を紹介していきます。

バナナに含まれている栄養素は筋トレやダイエットに役立つ

現在、スーパーなどで手軽に購入することのできるバナナですが、バナナは筋肉トレーニングやダイエットに役立ちます。

ダンベルを使った筋トレやダイエットをする場合、健康を維持することは大切です。

バナナは、健康を維持しながら体作りを行うことをサポートしてくれます。

バナナには、ビタミンB6・ビタミンC・鉄分・銅・マグネシウムなどのビタミン類やミネラル類が含まれており、筋トレで筋肉をつけるのを促してくれます。

また、バナナは1本あたり90kcalくらいあり、手軽に食べることができるため、筋トレ時のエネルギー補給に最適です。

食物繊維やカリウムなども含まれているので、筋トレやダイエットでの健康を手助けしてくれます。

筋肉の元になるたんぱく質も含まれていますが、バナナ100gあたり1.1gくらいしか含まれていないため、別の食べ物やプロテインなどからしっかり摂る必要があります。

バナナはダイエットにピッタリ

ダイエットをする時はバナナがおすすめです。

なぜダイエットにおすすめなのかというと、バナナには食物繊維が含まれているからです。

食物繊維を摂ることで満腹感を感じやすくなり、食べ過ぎを抑えやすくなります。

また、食物繊維は便秘の解消や予防の効果も期待することができます。

便秘を解消したり予防したりすることは腸内環境を整えることに繋がり、肌を綺麗にすることにも繋がります。

中サイズのバナナ1本(約100g)あたり、食物繊維は1.1g含まれているため、ダイエットにバナナはピッタリです。

そのため、ダイエットをしている方は、食事で上手にバナナを取り入れることをおすすめします。

筋肉を増強するためのカロリー摂取にも最適

ダンベルを使った筋トレで筋肉を増強させていくには、カロリーをしっかり摂ることが大切で、消費カロリーよりも多くカロリーを摂る必要があります。

カロリーを十分に摂ることで、筋トレによって破壊された筋肉の回復や成長に使用されます。

また、余ったエネルギーは効率的に使用されるようになるため、筋トレで筋肉を増強させるには、しっかりとしたカロリー摂取が大切なのです。

バナナは持ち運びしやすい上に、手軽に食べることができます。

また、フルーツジュースなどにして飲むにもピッタリです。

皮をむくだけで簡単に食べることができることから、筋トレのためのカロリー摂取としてもバナナは最適です。

バナナに含まれているカリウム効果

中くらいのバナナ1本(約100g)あたり、カリウムは360mgほど含まれています。

カリウムには細胞の浸透圧を維持する働きがあり、神経刺激の伝達を行う働きもあります。

それらの働きは、筋肉トレーニングをする上で大切な働きになります。

筋肉を増やして強くするには、筋トレによって筋肉を収縮させ負荷を与える必要がありますが、バナナに含まれているカリウムには、筋肉の収縮に関係している神経を刺激させる働きがあるといわれています。

そのことから、ダンベルで筋トレを行う前にバナナを食べておくことで、筋トレ時に十分に筋肉を収縮させ、自分の力を発揮することに役立つと言えます。

また、カリウムには血圧の上昇を抑える働きもあるため、高血圧の予防にも最適です。

カリウムは骨を丈夫にすることにも役立つ

カリウムには、骨を健康にする効果も期待することができます。

カリウムを十分に摂取すると、尿と共に排出されてしまうカルシウムの量が減少するといわれています。

体内のカルシウムのバランスを維持するには、尿と共に排出されるカルシウムの量は少ない方が良いともいわれています。

要するに、十分にカリウムを摂取することで、体内からカルシウムが減少するのを抑えるため、骨を丈夫にする効果や、骨粗鬆症を予防する効果を期待することができるのです。

骨を丈夫にすることは、ダンベルで筋肉トレーニングを行う上でも大切なことです。

また、ダイエットを行い、健康的に痩せる上でも大切なことです。

そのため、筋トレやダイエットのためにバナナを食べ、カリウムを補給することは効果的と言えます。

バナナを食べる効果的なタイミング

バナナには炭水化物が豊富に含まれているため、筋トレのエネルギー補給として最適です。

そして、筋トレをする前や後、朝起きた時にバナナを食べることで、筋肉をつけるのをサポートしてくれます。

ダンベルで筋トレをする前にバナナを食べる

ダンベルで筋トレをする前にバナナを食べれば、筋トレを行うためのエネルギーを補給することができます。

筋トレ前にバナナを2本食べれば、長時間ハードなトレーニングを行うことができるエネルギーを摂れるともいわれています。

バナナは消化されやすくエネルギーになりやすいため、筋肉トレーニング前に食べることで、筋トレ中にエネルギー切れを起こすのを防ぎ、質の良い筋トレを行うことが可能になります。

ダンベルで筋トレをした後にバナナを食べる

ダンベルで筋トレをした後は、体内のエネルギーが失われている状態です。

その状態の時にバナナを食べることによってエネルギーを補給することができ、疲労回復を促してくれます。

また、たんぱく質を一緒に摂ることで、筋肉の成長を促進することができるともいわれています。

そのようなことから、筋肉トレーニングをした後は、たんぱく質だけでなく炭水化物も一緒に摂取すると、筋肉の増強に効果的です。

たんぱく質を手軽に摂るにはプロテインが最適なため、筋トレ後はプロテインとバナナを一緒に摂ると良いでしょう。

筋肉トレーニング後30分以内に栄養を摂ると良いといわれているため、バナナやプロテインなどをすぐに摂れるよう用意しておくと良いです。

筋トレなどの運動を行うとミネラルも失いますが、バナナにはミネラルが豊富に含まれているため、バナナを食べることでミネラルを補給することもできます。

朝起きた時にバナナを食べる

当然ですが、眠っている時は栄養を摂ることができません。

そして、睡眠中は身体の回復や成長のためにエネルギーが使用されます。

それらのことから、朝起きた時はエネルギーが不足している状態になります。

エネルギーが不足していると、筋肉を分解してたんぱく質をエネルギーとして消費しようとするため、筋肉量が減少する原因になります。

朝起きた時のエネルギーが不足している状態の時にバナナを食べれば、エネルギーを補給することができ、筋肉を分解してエネルギーにしようとするのを抑えることができます。

そのため、筋肉を増強するために、朝起きた時にバナナを食べるのも効果的なのです。

バナナはエネルギーに変わりやすく、マラソン大会などでもエネルギー補給として利用されているため、朝のエネルギー補給にもピッタリです。

まとめ

スーパーなどで手軽に買えるバナナですが、バナナにも様々な種類があります。

完熟の度合いや甘さなどによって糖分の量は変わってきます。

当然、甘いほど糖分の量は多くなります。

そのため、糖分の摂り過ぎや脂肪がつくのが気になる場合は、完熟していない青めのバナナを選ぶと良いでしょう。

それでは、バナナを上手に摂り、ダンベルを使った筋トレやダイエットに励んでください。