ダンベルを使った筋トレには美肌効果がある!?その7つの理由とは?

「身体を引き締めたい」、「ダイエットをしたい」、ということからダンベルで筋トレをしている方は多くいます。

痩せることに役立つダンベルを使った筋トレですが、痩せる効果意外に美肌効果も期待することができます。

では、なぜ筋肉トレーニングをすると、肌が美しくなる効果を期待することができるのでしょうか?

ここでは、ダンベルを使った筋トレで、美肌効果を期待することができる理由を紹介していくので、美肌を目指している方必見です。

筋トレ後の成長ホルモンの分泌による美肌効果

筋トレをして筋肉をつけるには成長ホルモンの働きが必要で、成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。

また、筋トレ後も成長ホルモンの分泌が促されやすくなります。

その成長ホルモンは筋肉を修復させ強くするのに必要ですが、美肌にする働きもあります。

そのため、ダンベルで筋トレを行えば成長ホルモンの分泌が促され、肌を美しくする効果を期待することができます。

ダンベルでの筋トレは肌を美しくする効果だけでなく、身体を引き締めることもできます。

筋トレによって脂肪を燃焼し、筋肉をつけることで身体は引き締まり、理想としている体型に近づくことができます。

つまり、筋トレはとても優れた美容方法なのです。

筋トレによりターンオーバーが正常に機能する効果

先程、成長ホルモンには肌を美しくする効果が期待できると話しましたが、筋トレで美肌効果が期待できるのは、筋トレによってターンオーバーが正常に機能することが期待できるからです。

睡眠中や筋トレ後に分泌されやすくなる成長ホルモンには、肌の生まれ変わる機能であるターンオーバーを正常に機能させる働きがあります。

ターンオーバーの機能が低下すると、くすみやシミなどの肌トラブルの原因になります。

くすみやシミなどが多い肌は、美しいとはいえないですよね。

そのため、美肌のためにくすみやシミは防ぎたいものですが、筋トレをすれば成長ホルモンの分泌が促され、ターンオーバーが正常に働きやすくなり、美肌効果を期待することができるのです。

筋トレで肌の潤いを維持できる

肌の潤いに深く関係している成分としてヒアルロン酸があります。

そのヒアルロン酸は、皮膚の皮下組織に存在する繊維芽細胞が生成します。

つまり、ヒアルロン酸を分泌させて肌の潤いを維持するには、繊維芽細胞を活性化させれば良いのです。

では、どうやって繊維芽細胞を活性化させれば良いのかというと、成長ホルモンを分泌させれば良いのです。

ダンベルで筋トレを行えば、成長ホルモンの分泌が促されるため、繊維芽細胞を活性化させることに繋がります。

繊維芽細胞が活性化し、ヒアルロン酸が多く分泌されることで肌は潤い、肌に弾力やハリが出るようになります。

筋トレで血流が良くなり美肌に

ダンベルを使って筋肉トレーニングを行うことで、血流を良くすることができます。

トレーニングで身体を動かすことで身体は温まって血流は良くなり、筋肉がつくことで基礎代謝は上がり血流が良くなります。

つまり、トレーニングで身体を動かすことと、筋肉がつくことで血流が良くなるのです。

血液は酸素や栄養を運んでいるので、血流が良くなることであらゆる部分に酸素や栄養素が届きやすくなります。

美しい肌を作るには栄養素が必要ですが、血流が良くなることで肌に栄養素が届きやすくなれば美肌に繋がります。

血流が良くなれば、体内の老廃物は排出されやすくなるため、むくみやくすみの改善に繋がります。

むくみやくすみが改善することで、脚や顔はむくみが改善された分スッキリとし、くすんでいたことで暗かった顔は明るくなることでしょう。

筋トレによって睡眠の質が上がる

お肌を美しくするには、質の良い睡眠を取ることは大切です。

質の良い睡眠を取るには、睡眠環境を整えることが大切ですが、肉体的に疲労することも大切です。

普段、デスクワークや勉強などをしていて、夜眠れないことがある方もいるかと思います。

その眠れない理由の一つになるのが、肉体的に疲労していないことです。

デスクワークや勉強などは、精神的に疲労することがあっても、肉体的に疲労することはできません。

そのため、普段運動していない場合、肉体的に疲労していないことで、睡眠の質が悪くなってしまう場合があります。

ダンベルを使って筋トレをすれば肉体的に疲労することができ、寝つきが良くなりやすくなります。

質の良い睡眠を取ることで成長ホルモンは十分に分泌され、美肌に繋がるという訳です。

しかし、ハードなトレーニングは、逆に睡眠の質が悪くなる原因になるため、寝つきを良くするには適度に筋トレを行うことが大切です。

筋トレでストレスが解消され美肌に

適度な運動にはストレス解消効果があり、ダンベルを使って適度に筋トレをすることでストレスを解消することができます。

ストレスはお肌に良くないため、筋トレなどで上手に解消することが大切です。

では、なぜストレスがお肌に良くないのかというと、ストレスを受けることで活性酸素が発生やすくなる・ホルモンバランスが乱れやすくなる・バリア機能や免疫機能が低下するからです。

そのため、美肌になるにはストレスを上手に解消することが大切で、ストレス解消に最適なのが筋トレです。

適度に筋トレを行うことでストレスを解消することができ、身体をスリムにすることもできます。

しかし、ハードな筋トレは、逆にストレスが溜まる原因になるため注意しましょう。

筋トレで姿勢が良くなり美肌に

ダンベルを使い腹筋や背筋などを鍛えれば、体幹を良くすることができます。

体幹が良くなれば姿勢は良くなります。

姿勢が良くなれば、見た目が良くなることでしょう。

そして、見た目が良くなるだけでなく血流も良くなります。

血流が良くなることで、お肌に栄養素が届きやすくなるため、美肌に繋がるという訳です。

ダンベルを使って筋トレをすることで、姿勢が良くなる効果や美肌効果を期待することができ、筋トレをすることは印象を良くすることにも繋がると言えます。

美肌のためのおすすめの筋トレはダンベルスクワット

脚の筋肉量は非常に多いため、筋トレによって脚に負荷をかけることで、成長ホルモンを効果的に分泌させることを期待することができます。

脚に負荷をかける筋トレとしておすすめなのがダンベルスクワットです。

ダンベルスクワットとは、ダンベルを両手に持って行うスクワットです。

ダンベルを両手に持つことで、通常のスクワットよりも負荷を高めることができます。

そして、太腿の前の部分である大腿四頭筋、太腿の裏側のハムストリング、お尻を覆っている大殿筋、太腿の内側の内転筋を鍛えることができます。

ダンベルスクワットを行う時の注意点

ダンベルスクワットを行う上で注意することは、ダンベルを強く握り過ぎないことです。

ダンベルを下に落とさないようにすることは大切ですが、ダンベルを強く握り過ぎると肩に余計な力が入りやすくなり、そのことで疲れやすくなります。

そのため、強く握り過ぎないように注意することが大切です。

また、膝をつま先よりも前に出さないことも大切です。

椅子に座るような感じで、お尻を後ろに付きだすような感じで膝を曲げることで、膝が前にですぎるのを防ぐことができ、効率的にスクワットを行うことができます。

つま先よりも前に膝が出てしまうと、膝にかかる負担が大きくなり、膝痛を起こす原因になるため注意しましょう。

それと、足は肩幅よりも少し広くし、つま先はちょっとだけ外側に向くようにすることも大切です。

まとめ

ダンベルなどで筋トレをすると、成長ホルモンの分泌を促すことができ、美肌効果を期待することができます。

筋行くがつくことで身体を引き締めることもできるので、一石二鳥です。

美肌になるには、筋トレだけでなく食事も大切です。

肌や筋肉を作るのは栄養素なため、たんぱく質や炭水化物、ビタミンやミネラルなどバランス良く摂りましょう。